会計士試験と三振

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです!

私は4回連続不合格の後、5回目のチャレンジで合格を果たした元ベテラン受験生です。
どん底から学んだ経験、気付きを余すところなくお伝えしていこうと思います。

会計士試験には三振制度があります。

短答に一度合格すると、3回まで論文にチャレンジできるという制度です。
3回連続で受験できるというのが、良い方にも悪い方にも振れやすいという特徴があります。

なぜ悪い方にも振れるのか?理由は2つあります。

・無条件にコマを進められるため、ちょっとした優越感が生まれること
・短答の成功体験から、論文で失敗した自分と向き合えないこと

他の多くの受験生よりも一歩先に進めてるという発想が、足を引っ張るんですね。

なので、受験時の心境は、1回目は勢いで、2回目は惰性で、3回目は背水の陣で臨む感じになります。
2回目まではまだ次がある!っていう思いがどうしてもあるので、隙が生まれやすくなるんだと思います。

私の知り合いに大学時代から勉強をスタートして、30代前半までずっと続けているか方がいます。
なぜ受からないのか、分からないくらい勉強ができる方です。

話を聞いてみると、やっぱりこの悪循環をずっと繰り返してました。
短答に受かっても、3回受験できる!とは思わず一発で仕留めるという覚悟は必要だと思います。

でも、三振して撤退したからと言って、万事休すではありません。
大学卒業後に無職でチャレンジしていた人たちも、みんな就職できています。
一般企業(経理)、税理士事務所、公務員などなど。

人生が終わる訳ではありませんので、将来への不安は捨てて受験だけに集中していただけたらと思います。

いつもお読み下さり、ありがとうございます!
励みになりますので、クリック応援おねがいします!

"会計士試験と三振" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。