【会計士受験】商業高校卒から挑戦するメリット・デメリット

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです! 私は4回連続不合格の後、5回目のチャレンジで合格を果たした元ベテラン受験生です。どん底から学んだ経験、気付きを余すところなくお伝えしていこうと思います。 目次商業高校から大学へメリットデメリットまとめ 商業高校から大学へ私は商業高校からAO入試を経て、大学に進学しました。 AOと推薦の違いすら知らず、一般入試なんてもっと何も知りませんでした。センター試験がマークシートだということも、二次試験が前期・後期に分かれていることも、何も知らないまま大学生になりました。 入学式翌日の新入生オリエンテーションでのこと。同じ班になった同級生から、「とっちゃんって、文系?それとも理系?」と聞かれて、「あれ?商業高校って文系だっけ?理系だっけ?」となり、テンパった挙句、「う~ん。数学苦手だし・・・文系かな」と答えて、キョトンとされた経験があります。 ”なんでみんな固まるんだろう?”って不思議でしたが、それくらい無知な大学生でした(笑)今考えると、よくそんな世間知らずで大学生になれたな~と思います。 履歴書には大学卒と書いてますが、実質的な最終学歴は「商業高校卒」ということになります。なので、商業高校卒から会計士に挑戦するメリット・デメリットについて書いていこうと思います。 メリットやはり3年間、簿記と原価計算に触れた経験があることが挙げられます。 仕訳や借方、貸方を違和感なく理解できていたり、電卓を使いこなせる技能は、他の受験生よりも少しだけ先に進めて…

続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。