会計士と税理士 どっちが難しい?資格試験にフォーカスして比較してみました!

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです! 私は4回連続不合格の後、5回目のチャレンジで合格を果たした元ベテラン受験生です。どん底から学んだ経験、気付きを余すところなくお伝えしていこうと思います。 この業界にいるとよく聞かれる質問があります。「会計士と税理士の違いって何ですか?」「会計士と税理士ってどっちが難しい?」 特に答えづらいのが後者です。試験制度があまりにも違いすぎて、単純比較が難しいから。でも、今回はあえてこの難問に切り込んでみようと思います! 1.受験資格 会計士試験は2006年に受験資格が撤廃されてから、誰でも受験できる試験になりました。中学生でも高校生でも受験できるため、受験のハードルは非常に低いです(もちろん難易度は別です)。 逆に、税理士試験には受験資格が存在します。大きく分けて4つ〈学識、資格、職歴、認定〉に分類されます。「よし!受験しよう!」と思い立ったときのハードルを比べると、税理士の方が難しいということになります。 〈学識条件〉①大学、短大、高等専門学校を卒業(※法律学または経済学に属する科目を1科目以上履修)②大学3年次以上の学生(※法律学または経済学に属する科目を含む62単位以上を取得)③専門学校を修了(※法律学または経済学に属する科目を1科目以上履修)④司法試験に合格⑤旧司法試験二次試験に合格⑥会計士試験短答式試験に合格⑦会計士試験短答式試験の全科目免除 〈資格条件〉①日商簿記1級に合格②全経簿記上級に合格③会計士補(=旧会計士試験の合格者で”会計士…

続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。