【会計士受験】会計大学院は行くべき?やめるべき?

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです! 4回連続不合格の後、5回目のチャレンジで合格を果たした元ベテラン受験生です。どん底から学んだ経験、気付きをを余すところなくお伝えしていこうと思います。目次会計大学院って何?どんなメリットがあるの?どういう人が行くべき?会計大学院って何?会計大学院の正式名称は会計専門職大学院(通称アカスク)です。 法科大学院(ロースクール)と同じ専門職大学院で、卒業すると、①会計修士(専門職)学位、②短答3科目免除、③実務補習所の単位一部免除の3つがもらえます。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。【会計士受験】会計大学院とは? どんなメリットがあるの?受験生にとってのメリットは、②短答3科目免除です!短答式試験は、企業法、監査論、管理会計論、財務会計論の4科目から構成される試験で、そのうち、3科目(監査論、管理会計論、財務会計論)が免除になります! 何で企業法だけ残るの?という疑問は飲み込みつつも、学位を一旦取ってしまえば、永久に免除されるので、論文一本に集中できるという意味で、メリットはあると思います。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。【会計士受験】会計大学院とは? どういう人が行くべき?では、どういう方が進学すべきなのか?私の経験からは以下の2つのどちらかに該当する方です。短答式試験に3回以上受け続けても合格できない人新卒切符を保険として残しておきたい人 (1)短答式試験に3回以上受け続けても合格できない人 短答が全く肌に合わない方というのが少なからずいらっ…

続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。