【30代・社会人】会計士通信講座の徹底比較

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです! 30代社会人が働きながら会計士試験に合格するには、どの予備校(通信講座)がベストなのか、徹底比較します! ◆社会人合格の難易度 「令和元年公認会計士試験の合格発表について」によれば、合格者の職業のうち、「会社員」は83人(構成比6.2%)しかいません。 合格者の大半が現役学生もしくは無職専念組ということですから、社会人合格がいかに難しいかが分かると思います。 ◆合格するために必要な事 少ない勉強時間で合格レベルに持っていくためには、知識の「量」ではなく、「質」で勝負するしかありません。 では、どうすれば「質」が高まるのか?私が考える答えは2つです! ①勉強範囲を重要な領域に絞り込む②徹底的に理解・暗記して血肉化する 上記の2つを軸に予備校を比較しようと思います。 ◆TAC・大原・LEC 実は、私はTAC、大原、LECの各予備校の通信講座に申し込んだ経験があります。その実体験をもとに考えると、3校ともに社会人に焦点を当てた講座ではありません。 通信講座の趣旨は、通学講座で受講できない方のために、遠隔でも受講できるようにした、ということにすぎません。使用する講義動画、テキスト、問題集、答練の全てが、通学講座と全く同じなんです。強いて違いを挙げるとすれば、講義レジュメが文字に起こされて、ペーパーとして手元にあるかどうかくらいです。 その理由は単純で会計士受験生の大半が、現役学生もしくは無職専念組だからです。あくまで学生をターゲットに講座…

続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。