【会計士受験】論文対策でやるべきこと〜知識の棚卸し〜

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです!私は4回連続不合格の後、5回目のチャレンジで合格を果たした元ベテラン受験生です。どん底から学んだ経験、気付きを余すところなくお伝えしていこうと思います。 論文直前は何をやっていいか分からず、色々手を広げやすい時期だと思います。 不安が増してくるので、それは仕方ありません。ですが、毎日を答練の復習に費やしていませんか?もしそうだとしたら、迷わずストップしましょう! なぜなら、勉強には段階があるからです。専門学校では基礎期、応用期、直対期と呼ばれますが、言い換えると次の3つになります。 ①基礎期=知識を増やす時期②応用期=知識を定着させる時期③直対期=知識を整理する時期 8月に入ってくると知識を増やしたり、定着を図る段階は卒業して、整理する時期に移行すべきです。 では、どうやって整理するのか?テキストの目次、論文答練で出題されたテーマを見て、連想する知識、単語、概念など、思い付く限り、全て紙に書き出します。 遠足に行く前日は、リュックサックに入れたモノを出して点検したと思います。なぜ点検するかと言えば、何を入れたかを確認するため。 もし遠足に行ってケガをしたとき、絆創膏をリュックサックに入れたことを忘れてしまっていたら、使うことができません。 リュックサックを整理する過程で、頭の中も整理できるから、即座に絆創膏を取り出して使うことが可能になります。 論文式試験も全く同じです。頭の中にたくさん知識を詰め込んでいても、きちんと整理できていなければ…

続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。