【会計士受験】ダメだ、受かる気がしない!絶望感をどうやって乗り越えるか?

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです!

何度も落ち続けていると、ものすごい絶望感が襲ってくることがあります。

「このまま一生受からないんじゃないか」
「どんなに頑張っても、もはや受かる気がしない」

毎日毎日、そういう絶望感に浸っていると、少しずつメンタルがおかしくなってきます。
そこで、本日のテーマは絶望感をどうやって乗り越えるか?についてです。

◆結論

・短答式試験と論文式試験を別モノだと思って、思考から切り離す。
・短答式試験だけに集中して、とにかく1問1答集に食らいつく。

◆理由

4回落ち続けて気づいたのが、論文を意識しすぎていたということ。

論文を意識しすぎると、どうしても頭の片隅に「租税ヤバい、経営はもっとヤバい」という恐怖心が張り付いて、目の前の勉強に集中できなくなっていました。

この経験ってたぶん多くの受験生がしていると思うんです!
明らかに財務会計と管理会計の方が点数のウェイトが大きいにもかかわらず、です。

過剰なまでに租税と経営を恐れる必要なんてありません!
5月短答後にゼロから租税と経営を勉強して、合格している受験生も一定数いますので。

そう考えると、まずは短答に全力投球して、終わってから論文に着手する方が合理的です。

もし絶望感に捕らわれて苦しんでる受験生がいましたら、ぜひ試してみていただきたいと思います。

興味のある方は、ぜひこちらの関連記事もぜひご覧ください!

この記事へのコメント

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。