【資格全般】勉強してるのに、なぜ点数に結び付かないのか?マル秘テクを紹介します!

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです!

会計士受験生だった頃、ずっと疑問に感じていたことがあります。
「どうして一発で受かる人がいるのに、何年かかっても受からない人がいるんだろう?」

悩みに悩んで「どうせ彼らは、生まれつき地頭が良いんだろう。羨ましいな。」と、先天的な才能に答えを見出し、投げやりな感情を抱いてました。

でも、受かってから違うという事実に気付きました。
地頭の良し悪しじゃなく、点数に結び付く勉強をしてるかどうかということ。
もっと言うと、合格に直結する勉強だけに絞り込んで、それしかやらないからでした。

例えば、恋愛で考えたら分かりやすいと思います。
好きな異性がいて、その異性と付き合いたいと考えているとします。
どうやってアプローチするか、考えてみましょう。

おそらく頭でっかちな人は、ネットサーフィンして恋愛関連の情報を集めまくると思います。
そして、「○○すべし」というネット情報を駆使して、完璧なシチュエーション、セリフを用意して行動に移すでしょう。
そんな訳ないじゃん、と感じるかもしれませんが、まさにその通りです。

ネットであふれてる知識をいくら駆使したところで、それって自己中心的な妄想に過ぎないですよね?
それで振られたからといって、「情報が不足してるからだ」「もっと良い情報を集めなければ」と思って知識コレクターになったところで、付き合いたいという目標に近づく可能性は低いと思います。

なぜなら、「好きな異性と付き合いたい」という目標に対して、アプローチが必ずしも正しくないから。
正しいアプローチなんて山ほどあると思いますが、まずはその好きな異性の事を調べるところから始めますよね?

・どんな異性がタイプなのか?
・どんな食べ物が好きなのか?
・どんな趣味、嗜好を持ってるのか?
・どんな部活(サークル)に入ってるのか?
などなど

そして、大量に集めた情報から、どうすればお付き合いできるのか?を考え、対策を立てると思います。
もうお気付きだと思いますが、ネットや本から情報を探すのは最後の最後です。足りない情報を探すだけ。
もうアプローチの輪郭は出来上がってるから、足りないピースを集めるだけでいいですよね?

もうお分かりだと思いますが、そのアプローチのやり方を受験に持ち込めばいいんです!

①”付き合いたい異性”は、「過去問」です。過去問をひたすら分析する。
②科目別に過去問を分析して、問題構成や出題傾向、答案用紙の文字数を分析する。
③どうすれば合格ラインを突破できるかを考え抜いて課題を洗い出す。
④洗い出した課題をクリアするために、テキスト、問題集、答練を使って情報を集める。

情報過多に陥ってる方は、ぜひアプローチのやり方を変えてみて下さい!
過去問を読み込めば、合格するために必要なピースが見えてくると思います!

いつもお読み下さり、ありがとうございます!
励みになりますので、クリック応援おねがいします!

この記事へのコメント

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。