【会計士受験】5回目で開眼!マークシートの苦手意識

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです!

私は4回連続不合格の後、5回目のチャレンジで合格を果たした元ベテラン受験生です。
どん底から学んだ経験、気付きを余すところなくお伝えしていこうと思います。

”マークシートアレルギー”ってよく聞きませんか?

何回も落ちてる人は、漏れなくアレルギーをお持ちだと思います。
頑張って勉強してても、マークシートを思い出すだけでうんざりしたり。
でも、短答を乗り切るには、どうしても乗り越えなければなりません。

かく言う私も、思いっきり苦手意識がありました。
4回も落ちたんですから、しょーがないかなと。

では、なぜそんな状態で受かったのか?

試験だと思わずに、塗り絵だと思うようにしたからなんです!

大学時代にお世話になった先輩で、4年間家庭教師をやっていた方がいました。
中学生に英語を教えていたのですが、ある教え子が英検3級を受験したそうです。

結果を聞いた先輩は、不合格を悟ったそうです。
「全然分からなくて、ハートマークになるように塗って来た」って笑顔で報告したからとのこと。
そりゃダメだろうな、ってなりますよね(笑)

先輩もその子の両親もみんなが諦める中、なんと合格していたそうです!
やっぱり試験は何が起こるか分かりませんよね!

その経緯を教えてくれた後、その先輩はしみじみとおっしゃいました。
「マークシートなんて、塗り絵みたいなもんだ」

私はその言葉を聞いて、ちょっとだけ勇気をもらいました。
重く考えすぎずに塗り絵だと思ってやってみよう、と。
少しだけ考え方を変えるだけで、不思議と肩の力が抜けるんですよね。

本番中に焦って自分を見失いそうになったとき、その話を思い出して我に返れたりもしました。
ぜひ苦手意識がどうしても抜けないという方は、塗り絵だと思ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

いつもお読み下さり、ありがとうございます!
励みになりますので、クリック応援おねがいします!

この記事へのコメント

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。