【会計士受験】思考力を鍛えていますか?脱ノウハウコレクターのすすめ

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです!

私は4回連続不合格の後、5回目のチャレンジで郷緒格を果たした元ベテラン受験生です。
どん底から学んだ経験、気付きを余すところなくお伝えしていこうと思います。

今回のテーマは、ノウハウコレクターを脱して、思考力を鍛える方法についてご紹介します。


★勉強方法について悩んでいる方へ

★ぶっちゃけ今何やればいいか、よく分からないという方へ

1.ノウハウコレクターになっていませんか?

受験勉強を続けていると、どんどん自分を見失っていきます。
その不安から逃れるように、他の専門学校の情報、市販のテキスト、自己啓発本etc
をひたすら買い集めて、読みまくる日々を送ることに。

人間は弱い生き物なので手当たり次第入手すれば、どこかに答えがあるはず」と思い込みたくなるんです。
私もそうやって知らず知らずのうちに、ノウハウコレクターになっていました。

2.合格への近道は、思考力を鍛えること

正直、ベテラン受験生のほとんどがノウハウコレクターと言っても過言ではありません。
でも、外に目を向け続ける限り、どうすれば合格できるのか?自分には何が足りないのか?という答えは見えてきません。

では、何が必要なのか?ズバリ「思考力」です!

「な~んだ、思考力なら知ってるよ」と思った方は要注意です。
知識としては持っていても、ちゃんと理解してトレーニングを積めているか?は別物だから。

思考力を鍛えるのは正直大変ですし、時間もかかります。でも、実はそれが一番の近道だったりします。

3.練習問題

簡単な問題を提示しますので、1分間考えてみて下さい。

【問題】
ボールペン1,000本を1万円で購入しました。どういう仕訳を起こせばいいですか?


いかがでしたでしょうか?
どんな仕訳を思い浮かべたでしょうか?


【解説】
ボールペン1,000本を1万円で購入したという情報を聞いて、すぐさま「借方:消耗品費or消耗品1万円/貸方現金1万円」という仕訳を起こしていませんか?なぜ消耗品費or消耗品という勘定科目を使ったのか、もう一度考えてみてください。

・ボールペンは1本100円で少額だし、明らかに消耗品っぽい。
・税務上も損金になりそうだから、費用処理できそう。
etc

色々出てきますが、ここで大事なことがあります!
実は主語について触れていないということです。

購入したのはどんな会社でしょうか?
もし文房具屋を営む会社だったらどうでしょうか?

ここまで来たらお分かりだと思いますが、もし文房具屋が販売目的で購入したとすれば、勘定科目は消耗品費or消耗品ではなく、仕入が正解ということになります。

提示された問題を読んで、なんとなく答えを出すのは非常に危険です。
情報を受け取ったらしっかり吟味して、考えられる答えを想定した上で結論を出さない限り、合格に必要な思考力が身に付きません。

4.まとめ

実務家になっても、その思考力はそのまま生かすことができます。
実務の世界になると、未知の問題に出くわすことが多々あります。

必死に基準を読み込んでも、マニアックな論点については記述がないこともしばしば。
そんなときは、もはや自分自身で基準の解釈を行って、着地点を見出すしかありません。
(もちろん最終的な意思決定は、上司であるパートナーが実施しますが)

ぜひもう一度、思考力の重要性をご確認いただき、勉強に生かしていただければと思います。

いつもお読み下さり、ありがとうございます!
励みになりますので、クリック応援おねがいします!

bana-1.jpg

この記事へのコメント

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。