会計士は数字だけ追えばいい?自由な働き方とは?

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです!

私は4回連続不合格の後、5回目のチャレンジで合格を果たした元ベテラン受験生です。
どん底から学んだ経験、気付きを余すところなくお伝えしていこうと思います。

bana-1.jpg


会計士1年目のとき、ある会社の経理部長さんから思いがけない一言を頂きました。
「会計士は”過去”の数字を追うだけで、”未来”を見ていない」

当時は全くピンと来ていませんでした。
「それが仕事だし、何を言ってるんだろう」と思ってたから。

それから数年経ってみて、ふと気付きました。
”数字をチェックして、監査調書を作る”というルーティーンだけをこなしていて、この先未来なんてあるんだろうか、と。

このままずっと同じ仕事に従事できるなんて保証はありません。
監査法人がいつ倒産しないとも限りません。
もしそうなった時、食っていけるだけのスキルは残念ながら身に付いていません。
資格に安住しているだけで何も武器を持たない生き方はヤバい!本気でそう感じました。

受験勉強をスタートする時、「自由な働き方」に憧れてました。
給料もそこそこ貰えて、転職も独立もしやすいって。
でも、現実は違いました!自由なんてどこにもありませんでした。

数カ月先まで日程表にびっしり仕事が埋められて、スケジュールはパンパン。
しかも、出張もたくさん入っていて、平日夜・土日早朝に否応なしに移動させられる日々。
出張手当が数千円付くだけで、全然自由なんてありませんでした。

そんな日々に悶々としていたとき、偶然見つけたのが下記の書籍です。
出張の移動時間を使って読破し、無料のセミナー資料も視聴しました。
正直、人生観が変わるくらいの衝撃を受けました。

Amazonで販売されている書籍が「無料」で読めて、セットでセミナー映像も「無料」で視聴できるというおまけ付きです。
もし興味がありましたら、下記リンクからぜひダウンロードしてみて下さい!

この記事へのコメント

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。