【会計士受験】結論を最初に持ってくる

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです!

私は4回連続不合格の後、5回目のチャレンジで合格を果たした元ベテラン受験生です。
どん底から学んだ経験、気付きを余すところなくお伝えしていこうと思います。

論文式試験の答案を埋める時、書き出しはどうしますか?

色んな書き方があるので、正解はありません。
ですが、私は結論から書くべきだと考えています。

答案用紙の文字数って、実はそんなに多くありません。
書いているうちに「あれも書こう、これも書こう」となって、
肉付けしているうちに、どんどん字数を消費していきます。

そして、気付いたら結論を埋めるスペースがなくなるという悲劇に見舞われることに。
実は、かく言う私も同じ経験があります。

本番だと普段はやらないようなミスも起こります。
そして、焦って修正テープで全消しして、また一から書き始めるなんてことも。

修正テープで全消しすると、よほどうまく消さないと、
罫線まで消えてただの白紙になってしまいますよね?
その罫線が消えた答案用紙に埋めるのは、どうにも気が滅入るものです。

下書きの段階で骨格、肉付けまで検討しているのであれば、
最初に結論を持ってくるべきです!

いつもお読み下さり、ありがとうございます!
励みになりますので、クリック応援おねがいします!

この記事へのコメント

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。