プロフィール

当ブログをご覧下さり、ありがとうございます。

私は商業高校卒から、無謀にも会計士試験に挑んだ人間です。
下りのエスカレーターを全力で登ってるような感覚で勉強を続け、
気付いた時にはベテラン受験生になっていました。

なぜ底辺をウロウロしていた私が、最終合格まで辿り着けたのか?
5回もの挑戦の日々から学んだ経験、気付きをお伝えしようと思います。


1.私の大学受験

私が商業高校3年生のとき、担任の先生に勧められて大学を受験しました。

「会計士や税理士を目指すなら、大学は出ておいた方がいいぞ。大学卒業が受験資格になってるからな」

担任の先生に言われるがまま、「だったら進学しとこうかな」という軽い気持ちで、なんとなく進学を決め、AO入試を受験することに。
”AOってなに?””推薦と何が違うの?”っていう状態で願書を提出。
よくわからないうちに受験が終わり、10月下旬には大学合格が決まっていました。

センター試験の存在も、二次試験が前期・後期に分かれていることも、
偏差値の存在も知らないまま、私の大学受験は終わりました。

入学式翌日の新入生オリエンテーションの時のこと。
同じ班になった同級生に「とっちゃんって理系?それとも文系?」と聞かれて、
「あれ?商業高校って理系だっけ?文系だっけ?」とテンパった挙句、
「数学苦手だし・・・文系かな」と答えてキョトンとされたこともあります。

それくらい無知な大学生でした。


2.会計士講座に申し込む

晴れて大学生になり、「絶対在学中合格するぞ~!」という熱い気持ちで専門学校の会計士講座を申し込みました。
ですが、受けても受けても落ち続ける日々。現実は甘くありませんでした。

大学4年になる頃には、一緒に始めた友人はさっさと徹底して、受験仲間は自分を含め数人になっていました。
「大丈夫、大丈夫!卒業1年目で受かる人も多いし!」なんて楽観的に考えていましたが、その後は文字通り苦難そのものでした。
大学受験をしたことがない人間にとって、時間を費やせば受かるって思い込んでいたんですね。

思いっきり勘違いしてズッコけててました。

3.念願の会計士合格

ようやく第一関門の短答に受かったのは5回目。大学卒業3年目、25歳になっていました。
今振り返ると、苦しい日々をよく乗り切れたものだと実感しますが、受験生活を通してずっと疑問に思っていることがありました。

それは、
・なぜ短期合格できる人がいるのに、自分は何回も落ち続けているのだろうか?
・同じ専門学校に通って、同じ講義・答練を受け、同じだけの時間を投資しているのに、なぜ自分は受からないのだろうか?
という疑問です。

ずっと頭の中をグルグルと回り続け、学歴や才能のせいにして逃げ回り、受からない原因を外に求めてばかりでした。
しかし、受かってみて気づきました。受かるために必要なのは、学歴でも才能でもなく、”勉強方法”と”マインド、心構え”だったんだと。
20代の貴重な時間とお金を投資しまくって、めちゃくちゃ遠回りしてようやく辿り着くことができました。

この記事へのコメント

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。