【会計士受験】科目合格は目指すべきか?

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです!

4回連続不合格の後、5回目のチャレンジで合格を果たした元ベテラン受験生です。
どん底から学んだ経験、気付きをを余すところなくお伝えしていこうと思います。

論文式試験には科目ごとに一定の得点ラインを越えれば、
科目合格として認定されるという制度があります。

もし科目合格になれば、2年間科目免除を受けることができます。
1科目でも減ればその分負担が減るため、得意科目を伸ばそうと考えている方も多いと思います。

しかし、残念ながら落とし穴があるのも事実です。
論文式試験は全科目の偏差値が51〜52%あれば合格できる試験です。
つまり、足を引っ張る苦手科目があっても、得意科目の得点でカバーすることが可能になります。

裏を返せば、科目免除を受けてしまえば、カバーすることができず、
全体の得点率が伸びず不合格になるリスクすらあります。

なので、科目合格を目指す勉強はあまりオススメしません。
ぜひその分の時間を苦手科目に回して全体を底上げする勉強スタイルにすべきだと思います。

いつもお読み下さり、ありがとうございます!
励みになりますので、ぜひクリック応援おねがいします!

この記事へのコメント

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。