【受験生に知って欲しい事実】会計士資格の価値、知識の陳腐化が激しい件

こんにちは、現役会計士のとっちゃんです! これから会計士を目指す方、勉強中の方にこそ知って欲しい事があります。「ぶっちゃけ、会計士資格の価値ってどうなん?」っていう話です。 この記事では、現役会計士だからこそ実感している事実をお伝えしようと思います。 結論から言うと、 ・ものすごい勢いで価値が下がってきている・知識の陳腐化が激しすぎて、アップデートがしんどい・10年後も同じ時給で働くのは厳しい ですね。 現役の方は「あぁ、分かるー」と感じていただけると思います。では、理由をご説明しますね。 1.ものすごい勢いで価値が下がってきている 「価値」が下がっている原因は、2つあります。資格者数が激増したことシステム・非資格者数を増やして単純作業が減っていること 「価値」は需要と供給のバランスで決まりますから、資格者=供給が増えれば、当然価値が下がるわけです。一昔前は年間500人しか合格者が出なかったのが、今ではフツーに1000人以上出てますから、そりゃ当然ですよね? そして、もう一つ大きな事情が、若手会計士の専売特許だった単純作業の担い手が、資格者から移っていることです。監査法人ではシステムをバンバン導入していますが、同時に非資格者を増やしてるんですね。 そうなると、資格者が求められる業務領域が減っていきますから、当然価値が下がることになります。確認状を封詰めするだけの単純作業なんて、もはや求められていないってことです。 2.知識の陳腐化が激しすぎて、アップデートがしんどい…

続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 
①受験勉強の悩み
②将来不安の悩み
③ご相談(勉強方法、モチベーションの保ち方など)
など何でも結構です。お気軽にお問い合わせください。